FC2ブログ

お茶の間わ~くす的ぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルポンプオーバーホール(R1-Z)

通常Assyで交換するオイルポンプですが、色々調べてみるとポンプ内部のパーツが交換可能らしいと言うことで、みみっちくチャレンジしてみました。

R1-Z_op001

*真似して異常をきたしても当方は一切感知いたしませんので。

オイルポンプの中には2つオイルシールが入っているのですが、このオイルシールがヘタってくるとオイルポンプからオイルが漏れてきます。
オイルポンプの下側、ラジエターホースの付け根付近に2stオイルが付着してたら要注意です。
R1-Z_op002
よ~く見るとオイルが漏れています。

まずはじめにオイルポンプについているホース(in1本、out2本)を外します。
in側のホースはオイルタンクに繋がっているので、ペットボトルでオイルを受けます(オイルは再利用します)out側はインマニに繋がっているので、口をインマニより上にして垂れるのを防ぎます。

次にオイルポンプを外します。
はじめにオイルポンプのβピンを外し、ワイヤーを外します。ワイヤーは調整ナットを緩めると外しやすいです。
次にオイルポンプ本体を外します。プラスネジ2本で固定されているだけなのですが、ポンプ内部にシャフトが刺さっているのでゆっくり丁寧に外します。
オイルポンプの中にはオイルが入っているので、ウエスで拭き取り、パーツクリーナーで洗浄します。
併せてガスケットをキレイに取り除きます。

オイルポンプを取り外したら分解作業に入ります。
R1-Z_op003
これが今回オーバーホールで使用するパーツ。
86A-13142-00  ガスケット
93104-14059   オイルシール(大)
93104-04114   オイルシール(小)
*オイルシールの(大)(小)は便宜上付けています。品名はどちらも「オイルシール」です。

R1-Z_op004
まずオイルポンプ頭のナットを外します。
ナット-スプリングワッシャ-プレート-シム(薄)-シム(厚)の順番です。

R1-Z_op005
カムとスプリングを外します。

R1-Z_op006
本体のネジ4本を外して中身を出します。
左側のパーツにオイルシール(大)、真ん中のギアのシャフトにオイルシール(小)が入っています。
真ん中のギアには裏表があるので、シャフトから外さない方がいいです。

R1-Z_op007
オイルシール(大)を外すと上部からシャフトが抜けます。

R1-Z_op008
真ん中のスプリングの付いたシャフトの細い方(右側)がオイルシール(小)に刺さります。
シャフトの丁度オイルシール(小)に触れる部分が何故か錆びてます(あとで研磨します)

R1-Z_op009
シャフトを研磨、洗浄、グリスアップし上部に入れます。
そしてオイルシール(大)を入れます。

R1-Z_op010
オイルシール(小)を入れ、下部にギアシャフトを入れます。
オイルシールはどちらも素手で挿入できます。

新品のガスケットを付け、上下のパーツを合体させます。
あとは逆の手順で組み上げます。

R1-Z_op011
O/H済オイルポンプの勇姿w

R1-Z_op012
各ホースを通すゴムパーツ。
out側の穴は6φに拡張しています。

最初はすぐ広がるだろうと一生懸命棒やすりで削っていたのですが、4~50分かけて1つ削って、ここでリューターでやれば早いことに気付き、2つ目は5分かからず削れました。
ちょっと泣きそうでした( つд`)

R1-Z_op013
今か今かとオイルポンプを待っているシャフトw

R1-Z_op014
out側の純正ホース。引っこ抜きますw

今回in、out共に透明のホースに交換します。
その布石もあって2stオイルを全部抜いたり、ホース止めの穴拡張もしています。
ホースを交換する予定が無ければ、これらの作業は不要です。

R1-Z_op015
in側のホースを取り付けます。
フレーム裏側にガイドがあるので、そこを通します。

R1-Z_op016
in側の準備完了。

R1-Z_op017
ここでオイルポンプ本体を取り付け。
ポンプのガスケット(エンジン側の)とシャフトのガスケットを新品に交換。
シャフトのガスケットは金属ですし、ポンプ内部に入り込むパーツだから交換しなくてもいいかも。

R1-Z_op018
接続完了の図w

接続手順1
・オイルポンプのエア抜きネジを外す。
・in側のホースの口を塞ぐ(ポンプには刺さない)
・2stオイルをオイルタンクに入れる。
・in側のホースのエアを抜く。
・ホースのエアが抜けたらオイルポンプに刺す。
・エア抜き穴からオイルが出てきたら、エア抜き穴をネジで塞ぐ。

接続手順2
・out側のホースをインマニに取り付ける。
・ホースをゴムパーツに通す(穴にLRがあるので注意、ポンプはエンジン側がR、手前がL)
・Rのホースに注射器でオイルを充填する、そしてエア噛みしないようすぐポンプに付ける。
・L側も同様に。

接続が出来たらパーツクリーナーでオイルを洗い流します。
それからin側のホースをゴムにはめます。

調整作業
サービスマニュアルに基づいて、メインキーをオンにしYPVSを動かしたらスロットルを全開にし、カムのピンとワイヤーのタイコの位置合せをします。
位置合せができたら、シックネスゲージで最小ストローク量のチェックをするのですが、シックネスゲージが無いのでパスしました。

この間の画像が無いのはいつものようにいっぱいいっぱいで、そこまで頭が回らなかったからですw

R1-Z_op019
調整が済んだらエンジンをかけます。
オイルの滲みの有無、オイルの供給に問題が無いようでしたらカバーを取り付けます。
以上、作業終了。

<参考>
Room No.29L
kuro8249さんのMyガレージ

<部品類>
86A-13142-00  ガスケット        116円
93104-14059   オイルシール(大)   221円
93104-04114   オイルシール(小)   116円
8Y0-13116-01  ガスケット、ポンプ    84円
90430-04004   ガスケット         58円
ホース (内径3φ、DAYTONA製)      420円/m
ホース (内径6φ、園芸燃料用)       150円/m(ぐらい、ホームセンターにて)

<使用工具類>
5mmヘキサゴンレンチ
プラスドライバー
マイナスドライバー
シールピックアップフック
プライヤー
パーツクリーナー
ZOILグリス
はさみ

<走行距離>
16366.7km

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


オイルポンプもメンテ出来るって良いですよねぇ
アッセン交換って辛いっす
純正ポンプって社外品より高いんだもん

真似して壊したらKeiさんに聞こう~っと(^^ゞ
【2008/05/06 10:21】 URL | 海小僧 #mN5sv.Ac [ 編集]

このオイルポンプは
ヤマハのRD,RZ、R1-Z、TZRで使用されているオイルポンプですから、これしか判りませんw
これすら他のサイトでシール交換可能と知ってチャレンジしただけですよ。
ネットがなければAssy交換ですよw

まあ、他にも探せば分解修理可能なものもあるかも知れませんね。

では。
【2008/05/06 13:37】 URL | Kei #JOOJeKY6 [ 編集]

実践ちうです
はじめまして。ググレカス様に導かれて参りました。
あまりの白煙に横綱(>Sumo King>Smoking)と後ろ指差される愛機が不憫でO/Hを決意、作業始めたのですがどーしてもガイドピンが抜けません・・・。小さいのでモンキーでつまんで回すもののナメ始めてしまい、頭を冷やしているところです。Keiさんはすんなり外れましたか?個体差による固着か、何かワザがあるのか確かめたいのです。
【2008/10/14 21:02】 URL | marr #G1u/1BR2 [ 編集]

記憶が……w
はじめまして、marrさん。

既に忘却の彼方へ消え去りつつあるのですがw
確か私はラジオペンチで回したと思います。
それほど困った記憶がないので、その程度の固さで締まっていたのではないかと。
頑張ってO/Hしてくださいね。
【2008/10/15 11:43】 URL | Kei #JOOJeKY6 [ 編集]

でけますた
報告遅れてすみません。
keiさんに背中を押されてパワー勝負を挑み続けたものの、なんとしても取れなくって難儀していたのですがホムセンで見つけたネジザウルスというペンチで何とかクリア、無事先ほどO/H完了しました!。スラッジをきれいにしたので動きがスムーズになり、効果が期待できそうです♪ありがとうございました!!
【2008/10/25 16:31】 URL | marr #SRpvL4Io [ 編集]

空回り・・・
初めまして。突然のオイル漏れに、おそれおののくTDR乗りでございます。こちらのサイトを参考にO/Hにチャレンジしてみましたが、ポンプを組んで、ギヤを手で回しても空まわりしている様な・・・なにか付け忘れたのか、余っている部品はないのですが、分かる方いれば教えてくださいませ。
【2009/02/24 23:05】 URL | さらちー #- [ 編集]

いらっしゃいませ
さらちーさん、はじめまして。
ギヤの空回りですか……
既に記憶が忘却の彼方に逝ってしまっているのですが、真ん中のギヤでしたら回ったと思います。
そうでないと理屈に合わないからです。
あのギヤがエンジンから出ているシャフトと噛み合って吐出させるのですから、途中でロックしてしまうと不都合が発生すると思います。

とは言うものの、1度バラされて確認された方がよいかと。
何しろ回答する私の記憶がアレですからw

【2009/02/25 20:50】 URL | Kei #JOOJeKY6 [ 編集]


報告遅くなり申し訳ございません。オイルポンプのO/Hをしている業者さんのページで確認出来ました。あるべきピンがありません・・・。あぁ、何たる失態。お恥ずかしい。皆様もお気をつけ下さい。でも良い勉強になりました!有難うございました。
【2009/03/01 23:47】 URL | さらちー #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/08/22 11:04】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ochanomaworks.blog111.fc2.com/tb.php/28-cdf9b7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お奨めの逸品

ash_2tcs

profile

Kei

Author:Kei
2stと改造とDIYをこよなく愛する
貧乏ライダーのブログ

かうんた~

Recent Entries
Category
Recent Comments
Recent Trackbacks

Archives
Search

Links 01
Links 02
Links 03
RSS Feed
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。